射出成形という技術が気になる

切削加工の切削とは文字通り切って削るという意味

切削加工とは金属の加工方法の一種で切削の意味から機械加工や除去加工とも呼ばれており、工作機械を使って材料を切ったり削ったりして不要な部分を除去して、用途にあった形状や理想のサイズに加工します。切削加工の切削はこの切ったり削ったりという意味を持つ加工で、金属製品のメジャーな加工方法です。複雑な形状の加工や高精密な加工ができることに加え、小ロットの生産を安いコストでできる、難削材の加工にも適しているなどの利点があります。アルミやステンレスや鉄、真鍮や樹脂や銅などの金属からプラスチックや樹脂などの非金属まで、多くの材料が利用できるのでバリエーションに富んだ製品が作れ、幅広いビジネスに対応できるのが切削です。

ビジネスによって材料を機械で回転させて切削工具を当てて材料を削る旋削加工、材料は固定して切削工具を回転させて削るフライス加工など手法を変えられます。旋削加工は材料が回転する、転削加工とも呼ばれるフライス加工は回転させる方のフライス盤という意味で名付けられました。近年はコンピュータで数値制御してて加工が行えるNC加工の技術が発展しており、重量のある材料をより安定して加工できることや設計が比較的簡単で精密なデザインができるため、プログラミングするだけで切削加工できるので便利です。プログラミングにより人員不足でもプレス加工や板金加工と比べて営業利益率を上げられることから、新規参入する経営者も増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です