射出成形という技術が気になる

切削加工の意味を簡単に説明

製品を作るときには素材をいろいろな加工で形を変えて使います。その加工の中で切ったり、削ったりするものを切削加工と言います。発布スチロールや布などは人間の力で簡単に切ることが可能ですが、金属となるとなかなか簡単にはできません。一般的によく行われているものとしてヤスリがけもある意味で切削加工の一つと言えます。

このように削ることは形を変えるだけでなく、形を整えると言う意味でも使われています。また繰り返し削り続けるとやがて切ることもできます。切削加工の意味としては、文字通り切ると削るの処理です。小学校で行っていた版画の制作も彫刻刀で削るので、切削に含まれています。

金属を利用する場合は、成形にいるいろな方法が用いられますが、切削加工は多くの製品で使われている技術です。大きな機械の平らなテーブルに素材をセットし、素材よりも硬い素材でできた刃を反復運動させて形を整えます。どのぐらい削るかは刃の位置によって微妙に調整します。高度な技術を持ったところでは、数ミクロンレベルでの調整が可能です。

刃は一方向に高さを一定に保ちながら一定の速度で動きます。金属表面に触れたときに素材の表面と刃の高さのギャップの分だけ削り取ります。硬い金属が鰹節のように削れて形を変化させます。それを繰り返して設計通りの形状に変化させます。

誤差があると製品の品質の影響するので、要望通りの精度で仕上げなければ行けないので高い技能を求められます。切削加工の意味のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です