射出成形という技術が気になる

射出成形とはどういうものか

射出成形(しゃしゅつせいけい)とは金型を使って成形する方法の一つです。プラスティックなどの素材を熱して溶かし、型に流し込んだ後冷やすことで成形を行います。注射器で液体を送り込む状態によく似ているため、射出成形と呼ばれています。この成形方法では複雑な形のものはもちろんとして、多様な形状のパーツを連続でスピーディーに作り出すことが可能です。

日用品やその他幅広い分野で重宝されている方法です。射出成形機とは、電動式・油圧式・ハイブリッド式の種類があり、機械の構造は材料を溶かして、金型に流す射出部と金型を設置する型締部からなります。最近ではコントローラーの制御で高速射出が可能な機械が普及しています。成形の方法は次のような順番です。

まず材料の投入口にペレット状の樹脂を入れ、ペレットは温められて液状になることで、射出の用意が整います。そして射出部のノズルから出た材料は金型内の管路を通過して、成形部分に流れ込むのです。材料が冷やされて固まった後に金型が開き、成形された品が排出されます。冷やすと言っても冷たい水で行うわけではなく、材料に合わせて20~100度の温度で冷却します。

溶けた樹脂の温度は300度ぐらいになるため、100度でも十分に冷却可能なのです。射出成形とは大量生産向きの方法ではありますが、材料の樹脂の選択・金型の加工の精度・材料射出時の温度やスピードなど、さまざまな条件についてよく把握しておくことが必要です。射出成形機には小型から大型までサイズもさまざまあり、型締力のパワーによって大きさが異なります。射出成形とはのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です