射出成形という技術が気になる

射出成形とは何かわかりやすく説明

射出成形とは何か、これは合成樹脂素材を使った成形の手法の一つでペットボトルなどを製造する際に利用されるやり方です。合成樹脂とはプラスチックなどを原料にしてもので、合成樹脂を加熱してドロドロの状態にする、それを金型に流し入れて形を作り、冷却することでプラスチック素材が固まる仕組みを持ちます。射出成形では、ドロドロの状態になっている合成樹脂を噴射させるような形で金型に流し込むのが特徴で、加工の流れとしては材料を溶かしてから始まり、流す・固める・取り出す・仕上げといった形になるのが特徴です。射出成形は、注射器のような細い噴射口から液体を送り出すことからこのような名称が付けられているのですが、知注射器のような噴射口のことをノズルと呼びます。

連続して部品やペットボトルなどを作ることはできるのですが、ノズルが詰まると材料を噴射することができなくなるため、作業中はノズルの状態を監視して必要に応じて機械を停止させて、そこに詰まっているものを取り除く作業が必要になります。ただし、機械を停止することなく噴射口に詰まっているものを押し出すような形で取り除く機能が備わっています。これは作業者が成型機を操作する上で必要な作業でもあり、射出成型を行う作業者はホッパーと呼ぶ材料投入口に細かな合成樹脂材料を入れる、ノズルの目詰まりの監視および除去、そして金型から成形品を取り出すなどの3つの作業を常に行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です