射出成形という技術が気になる

私たちの生活に欠かせない射出成形とは

射出成形とは、金型に熱く熱したプラスチック樹脂を流し込んで製品を量産するための技術です。一度金型を作ってしまえば同じものを正確に繰り返して作ることができるので、大量生産に向いているという大きな特徴があります。そのため現在、多くの製品がこの製法で作られており、私たちが購入する商品の大多数を占めていると言っても過言ではありません。大量生産するための技術には他にも色々とありますが、中でも射出成形とは製品を薄く作ることができるというメリットを持っています。

例えば金属を流し込んで作る鋳型では、どうしても出来上がる製品は厚ぼったくなってしまい、シャープに仕上げるのは難しいと言わざるを得ません。ところが射出成形とは薄さが要求されるところにも使うことができるため、量産品の差別化や高級化に大きな効果があります。この技術が使われている製品は、プラスチック製のものであればほとんどが該当すると言えるかもしれません。例えばノートパソコンの本体はプラスチック樹脂から作られていますが、何も金型を作り出してそこに樹脂を流し込むといった手順で量産しています。

またキッチンでよく見る用品もほとんどがこの技術により成形されており、大量生産を行うことで低価格化を実現しています。この製法は非常にメリットが多く、軽くて丈夫な製品を作りたいのであれば現在はベストと言えるでしょう。依頼に応じてくれる工場もたくさんあるので、何かオリジナルの製品を作る場合には相談することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です