射出成形という技術が気になる

外壁で使用される射出成形の仕組み

日本の産業技術は、世界屈指のレベルだとたびたび高い評価をなされています。特に住宅建設の分野においては、アメリカやイギリスからも研修に訪れる方がいるほどです。地震に強くて火災被害を最小限に抑えられる、画期的な住まいが昨今は多くなりました。住居の要とも称される箇所が外壁ですが、今ではサイディングという板チョコのようなプレートをはめ込むのが基本です。

このプレートは射出成形で作られており、日本住宅工業の規格となっています。簡単に射出成形の仕組みをここで見ていきましょう。まず使用する素材は石灰岩となっており、約400度の高温で射出成形をなされていきます。具体的な例を挙げると、ケーキの上にホイップクリームを飾りつけるのと同じです。

搾り器の中のクリームを入れて、ケーキの表面に飾っていきますが、射出成形の仕組みもそれと同じです。クリーム状になった石英を搾り器の中に入れ、あらかじめ用意してた型の中に入れて圧縮をします。射出成形の仕組みは非常に簡単ですが、高い耐久度を持った外壁が誕生します。表面は特殊なコーティングがなされるので、太陽光線を効率よく反射させることも可能です。

昨今は断熱素材を用いることで、夏・冬ともにエアコンの効果を最大限に発揮できるといわれているでしょう。サイディングがそれを実現しおり、取り付けるだけで高い効果を発揮する外壁です。約14年ほどは劣化もしないので、新築住宅に使用するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です