射出成形という技術が気になる

切削加工の定義を解説

切削加工とは、工具などの機械を使ってプラスチックや金属を削り、目的の形状へ加工することと定義づけられます。主に日本の製造業で使われる加工技術の一つ、例えば、旋盤という工作機械で切削する旋盤加工では、棒状のボスやボルト等、筒などの丸い形状を加工します。また、電車の車輪から時計の部品まで旋盤では多くの部品加工も可能です。材料の厚み制限は殆どなく、機械の加工エリアに収まるサイズであれば、厚みや形状が複雑でも加工できます。

0.001mmの精密な加工も得意なので製品の最終工程に利用されることも多いです。鉄やステンレス、真鍮・樹脂など多くの材料を加工できると定義づけても、業者によって加工できる部品が異なるため、切削加工を依頼する際は、その部品の加工に対応できるかどうか図面などを元に、まずは加工会社に相談することが必要です。他にも、切削加工には様々な種類の定義がありますが、例えば、エンドミル等の回転した工具で材料を加工するフライス盤では、材料を固定しているテーブルを動かして加工、加工された製品は四角い角物(かくもの)加工をすることが多いです。さらに研磨では、より微細で硬度が高い砥石で材料の表面を少しずつ削り滑らかに加工します。

表面の凹凸を少なくして光沢ある状態へ仕上げるため、外観の美しさだけでなく、製品精度や強度の向上、さらにサビや汚れの付着防止などの様々なメリットがあります。それぞれの特徴を理解しながら選定しましょう。切削加工の定義のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です