射出成形という技術が気になる

切削加工の定義と基本

切削加工を定義するなら、専門の工作機械などを使って金属や木材、プラスチックなどの材料を削ったり、穴を開けたりして加工することと言うことができるでしょう。そんな製品でも、必ずこの切削加工が大なり小なり施されています。切削加工の定義に当てはまる基本的な加工方法を挙げると、「外形加工」「内部加工」「穴開け加工」「ネジ加工」などがあります。外形加工というのは表面(外側)の部分を削ったり穴を開けたりすることで、内側を加工する場合は内部加工になります。

穴開け加工というのはドリルを使って材料に穴を開けることで、穴を完全に抜き取ってしまう場合は抜き加工と言います。またネジをしめるための穴を開ける場合はネジ加工になります。切削加工の定義では、旋削加工と転削加工の大きく二つの加工方式があります。前者は材料を回転させて工具を当てて加工する方法のことを言い、後者は逆に材料を固定して回転させた工具を当てて加工していきます。

そして、これらの加工に欠かせない工作機械が、旋盤とフライス盤です。それぞれの加工には熟練した技術が要求されるわけですが、日本の小さな町工場などでは、古くからたたき上げで卓越した技術を身に着けた職人さんが大勢活躍していることで知られています。最近は数値制御装置などを用いて、プログラミングされた通りに正確に加工していく方法が主になってきています。しかし精密な加工になると、職人さんの技術と経験のほうが、プログラミング化された機械を上回る場合も少なくないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です