射出成形という技術が気になる

切削加工の定義とは何か

切削加工をどのように定義づけることができるでしょうか。字を見てわかる通り、切ったり削ったりして目標の形にすることです。たとえばどんな製品にもネジは欠かすことができないツールです。ネジは金属を型に入れて流し込んで作ります。

場合によってはそれから切削加工を施し、設計図の通りに作り上げます。大きなもので言えば、住宅の基礎に使われる金属部分なども切削加工が必要です。切削加工の定義には他にも、磨くことが含まれます。磨くことで一層表面はなめらかになり、他のパーツと結合することができます。

周囲を少し見渡すだけで、あらゆるものが切削して作られています。切削加工の定義を理解することで、いっそう身近に感じることでしょう。優れた最新の道具はたくさんありますが、やはり最も必要なのは熟練の技です。一ミリの狂いもないように、一つ一つを切削しなければいけません。

一ミリというのは、製造業において非常に大きな差です。たとえばいつも飾っている額縁が一ミリずれただけでは気がつかないでしょう。心を込めて作った料理をお皿に並べるときに、左右にわずかな違いがあっても違和感は感じません。それが一センチであっても、なんとも思わないはずです。

ところが切削において一ミリでも違うなら、大事故につながることもあります。以前航空整備士がネジの大きさを一つ間違えただけで、操縦席の窓ガラスが外れるという大事故が発生しました。プロでも間違うほどの差です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です