射出成形という技術が気になる

切削加工はどのような例で行われているのか

物を作るときは、様々な加工が行われますが、切削加工と呼ばれる方法もあります。これは金属を加工するときによく選ばれている方法で、金属を機械を利用して削る技術を指します。その加工方法は、単刃工具と多派工具を使う方法があります。切削加工は様々な製造加工の中でも基本となり加工技術のひとつで、専用の機械を使うことで材料を削ったり切ったりすることで、不要な部分を取り除き目的とする形状に整えていきます。

切削加工の良いところは、複雑な形状の加工を高精度でできることがあげられます。どんな材料でも加工することができ、加工コストが良いというメリットもあります。どんな材料が加工されているかという例では、アルミやステンレス、鉄などの金属があげられます。さらにプラスチックや樹脂などの非金属も加工することができます。

切削加工の技術はどのような分野で役立てられているのかも知っておきたいところです。例をあげると電気や電子、医療機器や産業用機械など幅広い製造分野で活用されています。金型の準備も不要なので納期が短くても対応しやすいこともメリットです。切削加工にも様々な加工方法があります。

代表的な例としては旋盤加工があり、これは回転させた素材に工具を当てて削っていく加工方法です。ターニングとも呼ばれており、ボルトやピン、コネクタなどの加工に使われています。穴あけ加工はその名前の通り、素材に穴を開けていく加工でボルトやネジ、シャフトフォルダーなどの加工などに向いている方法です。切削加工の例のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です