射出成形という技術が気になる

切削加工のさまざまな実例紹介

切削加工は、鉄より硬い金属を刃物として、アルミや鉄などを削って形にする加工です。いろいろな形式の切削加工があり、加工する形状や生産性を考慮したいろいろな工法があるため、その実例を紹介します。まずは、旋盤加工です。主に円筒状の製品を加工する際に適用させます。

製品をチャックという部分に固定して、回転させます。それに、バイトという刃物を当てて加工するのです。外形加工のみならず、内径や溝加工などいろいろな形状を加工することができます。次に、フライス加工といって刃物を回転させて、製品にあてることで形状加工を行います。

平面加工や穴加工などいろいろなことができます。これらの実例は、作業者が目盛りをみながら、刃物の位置をコントロールして図面通りにするのです。より自動化を行い生産性を高めるため、NC加工という手法があります。数値制御により、刃物や製品の位置をコントロールして自動で加工を行います。

刃物も自動で交換することができたり、製品の入れ替えも自動的に行うことが可能なのです。また、旋盤加工とフライス加工をミックスした複合旋盤という機械も登場しています。これにより、切削加工を複合的に行い上述の事例を同時にすることで、加工時間を短くすることができるのです。ほかにも、キー溝を加工するためのスロッターという工法や歯車を加工するためのホブ加工など特殊な切削加工もあります。

いろいろな工法を組み合わせて生産しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です