射出成形という技術が気になる

切削加工の特殊事例について

切削加工といえば、フライスや旋盤加工が一般的ですが、ほかにもさまざまな加工方法があります。専用加工のため汎用性がありませんが特殊な部品を作ることができる重要な工程です。まずは、回転物を止める機能を持つキー溝加工です。これは、バイトを上下方向に動かしながら切り込んでいく切削加工です。

加工時間はかかってしまうことが特徴です。また、キー溝の幅に応じた刃物を準備しなければなりません。つぎに、歯車を加工するためのホブ加工です。歯車の形をした刃物を準備して、製品を回転させて、刃物も回転させながら切り込んでいきます。

なにか、干渉物があればギアシェーパーという刃物を上下運動させて加工する方法があります。この切削加工は、歯車に応じた専用刃物を準備する必要があり、高価で納期が長いことが特徴的で、専用の工作機械を準備しなければならない事例です。つぎに、電気の力をつかった切削加工の事例です。放電加工といって電極を製品にあてて少しずつ削っていきます。

また、ワイヤーカットといってワイヤーを走らせながら製品を切断して加工をしていきます。ミクロンレベルでしか加工が進まないため、数日かけて加工するケースが特徴的です。電気を通すことができる素材に適用できる制限があります。また、電解液に製品をつけるという特性もあり、こちらも専用機となります。

最後の事例として複合加工です。旋盤加工とフライス加工を1台の設備で対応できるものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です