射出成形という技術が気になる

切削加工の製造事例は豊富な数があり範囲も広大です

主に金属を材料としてパーツや製品を作り出す工場では、欠かせない機械には切削加工を行える専用機器をあげられます。金属は当然ながら固い素材になるので、人力で加工をすることは現実的ではなく、切削加工機を導入することで、事前に設計した通りのパーツや製品を自動的に作り上げることが可能になります。実際に製造されている事例は豊富にありますが、自動車で使うパーツ類は非常に多く、エンジンルーム内で使われている金属部品の他、排気系の部品も非常に多く製造されています。自動車パーツの場合は高い耐久性が求められる一方で、0.1ミリの誤差でも問題が出てしまう可能性もあるので、高性能な切削加工機を用いて部品を作り出すことにより、品質の向上を見込むことができます。

他の事例の中には、住宅の設備機器や家電製品の部品などもあり、パイプ状のパーツの他、穴あけ加工によりポールなどの土台を作る事例も多々あります。金属を材料として加工する方法になることから、耐久性を持たせること以外にも、熱に強いパーツ作りにも貢献しており、ストーブや給湯器で使われているパーツの中にも、切削加工で作り上げている事例も少なくはありません。切断や削ることを自由自在に行える機械ですが、穴あけ加工も十分に対応しているのでパイプ状に加工を施した上で、パイプの中に穴開けを行いソケットやネジを通せるパーツも製造する工場はあります。更に一般的には流通していないネジやボルトの作成も多く、ネジ切りの機器を使わなくてもネジ山を作り出す事例もあるので製造可能な範囲は非常に広い機械です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です