射出成形という技術が気になる

切削加工にはどんな例があるのか?

切削加工は、金属や樹脂などの対象物に対して切ったり削ったりする加工を加える加工技術です。切削加工の対象となる材料の種類は鉄やアルミ、銅や真鍮など色々とあり、厚みによる加工の制限がほとんどないのもこの加工方法の大きな特徴です。この点で切削加工は板金加工やプレス加工のような加工方法とは違った特徴を持っています。また、公差が0.001mmといった精密性が要求される加工も可能で、図面があればよく、肩を必要としないなどの特徴もあります。

このような加工方法は主に工業用の目的で使用されており、精密機械の中心的な部品作りから、大量生産可能な自動車のパーツ部品などまで対応が可能になっているのも特徴的です。例えば、自動車のエンジンを構成する部品を製造するためにこの工法が用いられているなど、幅広い用途で切削加工は活用されています。また、部品を製造するための機械の回転パーツなどの部品としてこの技術が用いられているといった例もあります。切削加工は形状が複雑な場合も、専用機械の加工エリアに収まる場合であれば加工可能です。

この点で、この加工方法は精密性が高いという特徴もあり、コストと精度を両立させるために板金加工やプレス加工などで製作された製品の最終仕上げに活用されることも多いか工法です。このように、この加工法は複雑な形状に対応可能で、製造例もいろいろな分野にわたっており、今後もますます重要な加工技術になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です