射出成形という技術が気になる

切削加工の例を紹介します

金属を削って加工する切削加工は、今や様々な場面において実施されています。切削加工で使用する道具は単刃工具と多刃工具があります。前者は刃が一つだけある工具で、比較的簡単な部品を加工する際に用いられます。一方、多刃工具は複数の刃がある工具で、こちらは複雑な部品を加工する際に用いられます。

加工方法としては主に、ターニング、ミーリング、ドリリングの3種類あります。ターニングとは旋削加工のことで、素材を回転させて回転させた素材に切削工具を当てて削っていく方法です。この方法は主に丸みのある部品に仕上げるには最適な方法となっています。ターニングによって作った製品例としては、シャフト、ピン、ボスなどがあります。

丸みのある部品以外の部品の場合にはミーリングという方法で加工します。ミーリングとは旋削加工とは逆に刃の方を回転させて加工する方法で、主に四角い素材を演出するには有効な方法となっています。ミーリングの製作例としては、ヒートシンクなどが挙げられます。ドリリングは穴あけ加工のことを言い、工具を回転させて素材に穴をあけます。

製作例としてはエルボやモジュラーなどがあります。なお、切削加工をするにあたってはいくつかの注意点があります。まず挙げられるのが抵抗力を考慮することです。金属を加工するときは刃が素材にあたることで互いに摩擦しあって抵抗力が生じます。

そのため、素材の特徴や適切な回転速度などをしっかりと把握することが大切です。また、耐熱性にも注意を払う必要があります。素材を削る際には工具と素材とが激しくぶつかって熱が生じます。したがって、長時間加工するのは避けたり、適宜休憩を取るなどして工具や素材を冷やしながら避けるといった対処方法が大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です