射出成形という技術が気になる

切削加工にはさまざまな種類が存在します

切削加工というのは、工具を使って金属などの材料を削って対象物を加工する技術のことです。一方で、ひとことで言って切削加工と言ってもさまざまな方式があり、工作物の形状によってそれぞれが使い分けられています。そんな切削加工は大きく分けると、転削加工と旋削加工の2種類に分類することができます。このうち加工する工作物を固定して工具を回転させるのが転削で、工作物側を回転させることで加工を行うのが旋削です。

なお、これら転削や旋削にもさらにさまざまな種類が存在します。ただ、あまたある転削加工の種類の中でも代表的存在であり、よく使われるのが「フライス加工」です。このフライス加工というのは、回転軸に取り付けたフライス盤という切削工具を回転させることで行う加工方法です。固定した工作物に対して工具を継続的にあてて切削を行います。

そのため、工作物表面や平面、曲面の加工に加えて穴あけやみぞ削りなどのさまざまな加工を行えます。一方で、旋削加工の中でも代表的でありよく使われるのが旋盤加工です。旋盤加工では、円筒形状の工作物を回転させながら主軸に固定した「バイト」と呼ばれる刃物状の工具に当てることで加工を行うのが一般的です。旋盤を使って円筒状の工作物の外周や円形の先細形状への加工、またフライス加工同様穴あけや穴を広げる中ぐり、ねじ切り、さらにはみぞを削りながら最後まで切断する突切りなどを行うのに適した加工方法です。

切削加工の種類のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です