射出成形という技術が気になる

切削加工とは?方法や種類を紹介

切削加工とは金属などの材料を工具で削る加工です。削る工具は材料と同程度かそれ以上の耐久性が必要で、劣っていると負けてしまい削ることができません。切削加工は機械で行うことが一般的ですが、町工場などでは手作業で行っている場合もあります。どちらが優れているかは一概にこちらとは決められませんが、大量生産では機械が導入されることが一般的です。

切削加工の種類はいくつもありますが、最も有名なのが転削、旋削加工で、身の回りのものや工業製品に多く使われています。前者は材料を固定して筒状の工具を回転させながら穴をあけたり、空いた穴をさらに広げて別のパーツと組み合わせます。自動車のエンジン内部にピストンと組み合わせるシリンダーもこの方法です。後者は材料を回転させて削っていきます。

筒状の材料をさらに細くしたり、別の形のものを筒状にしたりすることが可能です。多くの場合は工場で働いている方しか見ることはできませんが、手作業の切削加工なら町中にあるカーショップで見ることができます。カスタムを手掛けているショップでは、ホイールの加工を行っていることが多く、手で持てる工具を使って表面の加工を行っています。現代のホイールはアルミを使っていることがほとんどで、メーカー純正や社外問わず、一旦ブラックやグレーに塗装し、側面を切削加工でアルミを露出させてコントラストを表現させることが流行りです。

企業の大小問わず、加工では当たり前の技術となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です