射出成形という技術が気になる

切削加工とは何か説明します

切削加工とは、機械加工のひとつになり、代表的な加工方法です。主に金属に対して刃物などで削る加工になります。切削加工にはいくつかの種類があります。施盤加工とフライス加工・穴あけ加工の3つに分けることができます。

施盤加工とは、対象物を高速で回転させ、刃を触れさせて削っていきます。回転させて加工するので、円筒の形状のものに向いている制作方法になります。手動やコンピュータープログラムによって加工することができます。フライス加工は、固定した対象物を高速で回転している刃物をあてて削っていきます。

さまざまな工具を使用することで、面を削りだしたり、段や溝の作成もできるようになり、幅広く対応することができます。ブロック状の材料を削っていくので、複雑な形を掘り出すことができるようになります。穴あけ加工は、穴をあけることができる他に、使用する工具によってさまざまな加工が可能になります。目的とする形状によって、加工方法を選んでいきます。

切削加工ができないものとは、陶器のような繊細で割れやすい素材やゴムのように粘着力がある素材の加工はできないです。鉄系材料やアルミ・ステンレス系材料・樹脂などの素材が適しています。切削加工をするときには、摩擦によって熱が発生するので、熱に弱い素材の場合は変形などしてしまう恐れがあるので注意する必要があります。このような場合は、切削油を使用したり、回転を遅く調節などの工夫が必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です