射出成形という技術が気になる

実は便利な切削加工とは

切削加工とは特に厳密な定義があるわけではありませんが、大まかには刃状の工具・工作機械を用いて不要な部分を削除し取り除きながら、材料に穴をあけたり削ったり、要望通りの形状を作っていく加工技術全般をそう呼びます。射出成形がプラスチックにおいてはあり又、鍛造や鋳造も切削加工とは違いますがものを形作る方法です。研削加工も切削加工とは違いますが機械加工に含まれ、砥石を使うので、こちらの方が、より緻密で細部にこだわった作業にも適応しやすいことは否めません。その特性を活かして大まかなところは効率的に切削加工、その後、細かい部分を研削加工を用いることが一般的になっています。

材料としてはステンレス・黄銅・アルミニウム合金や銅などの金属など大抵のものを適応とし、削り落とし不要な部分を除去しながら加工していきます。また前出のプラスチックの内容の例には、アクリル・ABS・ポリカーボネートやポリアセタールが挙げられます。プレスしたり曲げたりする塑性加工・3Dプリントや溶接に代表される付加加工ではない、この除去加工ですが、半導体・医療・航空・自動車など様々な産業に取り入れられていることは、あまり知られていません。キリで穴をあけるようなイメージの工具が回転するフライス加工・リンゴの皮むきのように材料が回転する旋削加工があり、おのおの平面・円筒の形状が得意分野です。

一般的にも木材を削るかんなや、鉛筆削りがイメージされるこの加工法ですが、実は身近なものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です