射出成形という技術が気になる

射出成形ならば効率的にプラスチックを加工できます

射出成形は金型に溶けたプラスチックなどの合成樹脂を流し込んで、様々な形状を得る技術です。複雑な形状の製品や部品を低コストで大量に生産できるというメリットがあります。最近ではコンピュータで成形条件を自動的に制御するタイプの射出成形機が普及しており、人々の日常生活を支える様々な製品が作られています。スマートフォンやパソコン、テレビの他に自動車の部品や洗濯機などを作るには射出成形の技術が不可欠です。

この技術で製品や部品を製造した場合には、後から追加で仕上げの加工を行う必要がないというメリットもあります。射出成形機には様々なものがありますがいずれもコントローラーと射出部、型締め部で構成されています。射出部には投入口であるホッパーが付いており、シリンダーで材料を加熱して溶かし噴射ノズルから型締め部の金型に注入します。金型には可動側と固定側があり、前者を後者に近付けて型締めを行います。

高品質な製品を作るためには、十分な型締め力がある金型を使うことが重要です。型締め力が弱いとバリが発生して品質が低下してしまうので、加工を行う前に確認します。コントローラーは成形条件を制御する部分で、コンピュータによる数値制御を行うタイプが広く普及しています。射出成形の速度や圧力、シリンダーや金型の温度など様々な条件を自動的に制御してくれるので初心者でも高品質な製品を作ることができます。

コンピュータが自動的に制御するタイプは材料の無駄を抑えて効率的な加工を行うため、コストを削減できるというメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です