射出成形という技術が気になる

低コストで素早く加工できる射出成形とは

射出成形は金型を使ってプラスチックなどの合成樹脂を加工する技術で、最近ではコンピュータによる数値制御を行う機械が使われています。スタッフが手作業で加工条件を制御する場合、高品質な製品を作るためには一定の熟練が求められます。コンピュータが自動的に制御する機械を使えば、初心者でも簡単に高品質な製品を作ることができます。射出成形の技術を使って優れた製品を生み出すためには、適切な型締め力のある金型の存在が重要です。

金型の型締め力が不足していると、内部に溶けた合成樹脂を注入した際に生じる圧力に耐えられずバリが発生してしまいます。射出成形は金型を用意するのに一定のコストがかかりますが、一旦製作してしまえば後は材料を揃えるだけで加工が可能になります。固定費である金型の導入コストは一定であり、製品の生産量が増えるほど1個あたりのコストが低下します。射出成形機を使って大量生産を行うと、低コストで高品質な製品を作ることができます。

1個あたりのコストが安くなるので、消費者にリーズナブルな価格で高品質な製品を提供できるというメリットがあります。スタッフが手作業で加工条件を制御する場合には、ある程度の熟練が求められ手間もかかります。しかしコンピュータで自動的に制御する機械を使えば、高品質な製品を素早く大量に作ることが可能です。一般的に大量生産品は品質が劣っているというイメージがありますが、射出成形ならば高品質な製品を作ることができます。

ハサミの取手やスマートフォン、パソコンやテレビなど様々な製品がこの技術で作られており人々の生活を支えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です