射出成形という技術が気になる

プラスチックは射出成形で加工するとよいでしょう

スマートフォンやパソコンの他にもテレビや自動車の部品、DVDやブルーレイディスクなどプラスチック製品には様々なものがあります。人々の日常生活を支えるプラスチック製品を安く大量に供給するためには、射出成形の技術を欠かすことができません。射出成形は金型を使ってプラスチックなどの合成樹脂を加工する技術で、様々な形状やサイズの製品を作ることができます。たんにプラスチックを加工するだけでなく、連続的かつ迅速に大量生産を行う点に特徴があります。

この技術でプラスチックなどの合成樹脂を加工するには、金型を製作しなければなりません。溶かした合成樹脂を金型に注入すると圧力が生じますが、それに耐えられる高品質な金型を使えばバリの発生を抑えることができます。金型を製作するには一定のコストがかかるものの、固定費用なので大量生産を行えば製品1個あたりのコストが安くなります。プラスチックなどの合成樹脂を加工して製品を大量生産する場合には、射出成形が最適な方法です。

最近では3Dプリンターを使ってプラスチックを加工することも可能になりましたが、高品質な製品を安く大量に作ることはできません。高品質な製品を作るためには知識や経験が必要になります。射出成形機はコントローラーと射出部、型締め部という3つの部分で構成されています。コントローラーは加工条件を制御する装置で、最近ではコンピュータによる数値制御が行われるようになりました。

成形速度や圧力、シリンダーや金型の温度など様々な加工条件が自動的に制御されるので熟練の技術がなくても高品質な製品を作ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です