射出成形という技術が気になる

効果的に切削加工を行うポイントとは

切削加工は金属などの素材を工具で削って目的の形状を得る技術で、現在では様々な機械が使われています。大工がノミや鉋を使って木材を削るのも一種の切削加工ですが、機械を使ってフライス加工や旋盤加工を行うのが一般的です。切削加工にはフライス加工のように工具を回転させる方法と、旋盤加工のように工作物を回転させる方法が存在します。工具を使って人力で加工を行おうとすると時間と手間がかかってしまいますが、機械を使えば効率的に加工ができます。

フライス加工や旋盤加工には汎用型の機械の他に、コンピュータが加工条件を数値制御する機械があります。汎用型の機械は作業員が手動で操作するため一定の習熟が求められますが、非常に精度の高い仕上がりにできます。一方でコンピュータが数値制御を行う機械は汎用型ほど高精度ではありませんが、初心者でも一定以上の品質の製品を作ることが可能です。作業員が手動で機械を操作する場合、1個の製品が完成するまで時間がかかり大量の切り屑も発生します。

素材がある程度無駄になってしまうので、材料費が高くなるというデメリットがあります。コンピュータで加工条件を数値制御する機械ならば、効率的に切削加工を行うことができ材料の無駄も減らせます。より高い精度を求める場合には汎用フライスや汎用旋盤を使うとよいでしょう。無駄を抑えつつ短時間で一定水準以上の製品を作りたい場合には、NCフライスやNC旋盤のようにコンピュータが数値制御を行う機械が威力を発揮します。

効果的に切削加工を行うには、状況に応じて機械を使い分けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です