射出成形という技術が気になる

切削加工は大きく2種類に分類できます

切削加工は工具を使って金属などの材料を削る技術のことで、大工が鉋やノミで木材を削るのも切削加工の一種とされています。製造業の現場では様々な機械を使って切削加工が行われており、フライス加工と旋盤加工が代表的な方法です。機械を使って材料を削るには工作物を固定して工具を回転させるか、工具を固定して工作物を回転する方法が存在します。フライス加工は回転軸にフライス盤という工具が取り付けてあり、回転する工具を固定した工作物に当てて切削を行います。

この方法だと工作物を表面や曲面に加工しやすく、穴開けや溝削りなど様々な形状に削ることができます。旋盤加工は円筒形状の工作物を回転させ、主軸に固定したバイトという刃物状の工具を当てて加工します。円筒形状の工作物の外周を円形やテーパー状にしたり、穴を開けるなどの加工を容易に行うことができます。手動でフライス加工や旋盤加工を行う機械は、汎用フライスや汎用旋盤と呼ばれます。

コンピュータが自動的に加工条件を数値制御する機械は、NCフライスやNC旋盤と呼ばれています。汎用フライスや汎用旋盤を使ってスタッフが手動で加工を行うと、精密で高品質な製品を作ることができます。ただし製品が完成するまで時間がかかり、スタッフには熟練の技術が求められるので大量生産には適していません。コンピュータが内蔵されているNCフライスやNC旋盤は、自動的に加工条件が制御されるので熟練の技術がなくても高品質な製品を素早く作れます。

コンピュータ制御だと作業効率がよいだけでなく、材料の無駄な消費を抑えてコストも削減できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です