射出成形という技術が気になる

切削加工で目的の形状を得るには

切削加工で目的の形状を得る主な方法には、フライス加工と旋盤加工の2種類があります。大工が鉋やノミなどを使って木材を削るのも一種の切削加工ですが、製造業の現場では機械を使ったフライス加工や旋盤加工が広く行われています。切削加工は工作物を固定して工具を回転させる方法と、反対に工具を固定して工作物を回転させる方法の2種類に分類できます。フライス加工は前者の代表的な方法であり、旋盤加工は後者の代表的な方法です。

これらには異なる特徴があるため、目的の形状や素材などに応じて使い分けることになります。フライス加工は回転軸に取り付けたフライス盤と呼ばれる工具を回転させるのが特徴で、固定した工作物に断続的に工具を当てて切削します。この方法だと工作物の表面を平面や曲面に仕上げることができる他、穴開けや溝切りなどの加工も可能です。旋盤加工は円筒形状の工作物を回転させ、主軸に固定したバイトと呼ばれる刃物状の工具に当てて切削します。

円筒形状の工作物の外周を円形や先細形状にすることができ、穴開けやねじ切りなどの加工も可能です。切削加工を行う装置にはスタッフが手作業で操作する汎用フライスや汎用旋盤の他に、コンピュータが加工条件を数値制御するNCフライスやNC旋盤などがあります。NCとはNumericalControlを省略したもので数値制御という意味があり、かつてはパンチカードなども使われていました。近年ではコンピュータ制御が広く普及していて、ComputerizedNumericalControlを省略してCNCとも呼ばれます。

コンピュータで制御する機械を使えば、初心者でも容易に目的の形状を得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です